ご予約はこちら 
腰痛

出産後の骨盤の歪み

出産の際に、骨盤が歪みを起こすケースが有ります。

普段、骨盤は2ミリ程度の動きで歩行などに対応していると言われています。

腸骨という大きな部分は、左右交互に前後にスライドして、恥骨という前側の関節部は、自転車のペダルのように回転することによって、歩くことが出来ます。

img_0023-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc_ink_li

二足歩行ロボットも、このシステムを取り入れることにより、歩行可能になったそうです。

この大事な恥骨結合ですが、出産時、産道を赤ちゃんが通る時に、剥がれるように離れます。

赤ちゃんが通った後に戻るのですが、この時正しい位置に戻れず、ズレた状態で安定する事が有ります。

左右のどちらかが、滑り落ちるような形で歪みを起こします。

img_0023-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc_ink_li-2

もちろん腰痛の原因になります。

なるべく、そうならないように産後は産後骨盤ベルトなどで、骨盤を締めて置いた方が良いでしょう。

それでも腰痛を起こしている場合は、ずれている可能性があります。

骨盤矯正を受けてみてはいかがでしょうか。

ご予約・お問い合わせ