ご予約はこちら 
腰痛

骨・関節から診る腰痛、骨盤編

当院の骨盤矯正は、主にJRC関節可動回復矯正法を使用しています。


JRC関節可動回復矯正法は位置の矯正ではなく、関節の動きを改善するという考え方です。

かと言って位置が関係ない訳ではありません。

簡単に説明します。

骨盤の真ん中に有る仙骨という骨が下に、ずり落ちる様な形で歪んで引っ掛かると、

img_20161219_103152_li

ずり落ちた側の脊柱起立筋は、それ以上仙骨がずり落ちないように異常緊張します。

ある意味、自己防衛ですね。

image-21-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc_li

そして、異常緊張し続けた脊柱起立筋は、炎症を起こし痛みが発生します。

仙腸関節が引っ掛かったままで放置した場合、お尻の筋肉も異常緊張を起こし神経を圧迫する為、椎間板ヘルニアのような坐骨神経痛を併発する原因にもなります。

rijokin_li 20140822_937240

骨・関節から診た腰痛の理論は他にも、多数存在すると思いますが、私が知っている中では一番分かり易く、骨盤矯正の必要性を感じる理論と思います。

ご予約・お問い合わせ