首の痛み

ストレートネックについて

最近、ストレート・ネックと病院で診断をされて、なかなか良くならないと来院される方が多いので、私の見解を述べておきます。

一般的に首の骨の前方への湾曲が減少して、真っ直ぐになっている状態をストレート・ネックと言われています。

骨の湾曲がクッションになっている為、湾曲が減少すると頭の重みを支える事が困難になるので、圧迫されて、首が痛くなるという考えになります。

その他、筋肉が緊張して硬くなると、痛みを感じます。

筋肉に通っている神経が、筋肉の血行不良による酸欠や、疲労物質が溜まった状態を痛みとして感じるものなのです。

筋肉の過緊張を取り除く事を考えないと、なかなか良くならない訳ですよね。

そして、首の筋肉だけ緩めた場合、その場は楽だけど、すぐに戻ってしまうという事が起こります。

実は首だけでは、イマイチなのです。

ポイントは肩甲骨と背中、腰など全身に有るのです。

ご予約・お問い合わせ