ご予約はこちら 
膝の痛み

膝関節痛、外側の痛みの原因は?

ひざの痛みは、内側に出る人が多いと思いますが、外側に出る人もいます。

これも、軟骨が擦り減って痛くなるという説では無く、筋肉から考えてみましょう。

ひざの外側の筋肉というと、大腿筋膜張筋から腸脛靭帯(外側のライン)、大腿四頭筋の外側広筋(外側の前のライン)、大腿二頭筋(外側の後ろのライン)、がメインになると思います。

 

 

 

 

 

ここで一つ忘れてはいけない筋肉が有ります。

膝窩筋といって、膝の後ろから外側半月板に繋がっている筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝窩筋が緊張して硬くなっても、外側半月板を引っ張る為、膝の外側に痛みが出ます。

施術としては、関節のロックを外しながら、筋肉の異常収縮・異常緊張の有無を確認し、動きが不自然な筋肉を探します。

見つかれば当院の場合、PNFストレッチ筋整復法で、異常収縮・異常緊張をなるべく取り除きます。

どうしても、取り切れない筋緊張に対しては、テーピングで筋肉を助けてあげると改善しやすくなります。

ご予約・お問い合わせ