ご予約はこちら 
膝の痛み

膝の成長痛、オスグットシュラッター病とは?

オスグットシュラッター病とは、成長期のお子さんに起こる、疾患です。

この疾患が起こるのはココです。

 

 

 

これの場合、放置して自然に痛みが引くのを待つと、変形が進みます。

そして、何故か身長がそれ以上あまり伸びないという事がよく起こるようです。

自己防衛として、成長を留めてしまうのかも知れませんが、原因は明らかになっていません。

 

特に活発に運動をしている子供に多く、成長期に起こります。

ジャンプを行うスポーツは特に骨の成長が早くなりますので、骨の成長に対して、筋肉の成長が追いつかない、という事が起こります。

そんな場合に発症します。

発症のメカニズムとしては、ももの骨が成長により長くなります。

 

 

 

 

 

 

それに対して、もも前面の筋肉は成長が遅く、ひざ下のすねの骨を引っ張っています。

その状態で、運動すると、もも前面の筋肉に、すねの骨が引っ張られ過ぎて、剥がれて来ます。

レントゲン撮影すると、骨が崩れた様な写真になります。

 

 

 

 

 

 

 

出てしまった分は、あまり戻せませんが、痛みを取り、それ以上に出ないようにする事は、施術により行う事が出来ます。

ご予約・お問い合わせ