ご予約はこちら 
膝の痛み

膝の成長痛、オスグットシュラッター病の手技

オスグットシュラッター病の施術は、何をすれば改善するのかについて考えてみましょう。

この疾患は、ももの骨が、ももの筋肉よりも早く成長して、すねの骨が引っ張られ、引き剥がされる事により発症します。

 

 

 

 

 

 

では、どうすれば引っ張られなくなりますか

ももの骨の成長に、筋肉が追い付けば、引っ張られなくなりますよね。

でも、それを待つのでは月日が掛かります。

痛いのでスポーツも全力を出せません。

痛いまま無理をすると、更に出っ張って来ます。

 

 

 

ここは、筋肉の成長を待つのではなく、筋肉の伸縮性を高めるべきでしょう。

 

 

 

 

ももの筋肉の伸縮性がアップする事でも、すねの骨を引っ張らなく出来るのです。

過剰に引っ張られなくなれば、痛みも引き、それ以上出っ張る事は無くなります。

ただし、これは電気を掛けて揉むだけでは、伸縮性は高まらないようです。

恥かしながら私自身も昔は、何か月もかけてオスグットシュラッター病の施術をしていた思い出が有ります。

PNF筋整復法(PNFストレッチ)で、この大腿四頭筋を全体的に狙った場合、数回の施術で改善します。

さらに深い所に有る、中間広筋を狙うと、もっと早く改善出来る事も有ります。

ご予約・お問い合わせ