ご予約はこちら 
ブシャール結節

簡単!ブシャール結節のテーピング療法

今回は、ブシャール結節のテーピング療法についてです。

ブシャール結節は、指の第2関節が腫れて痛い疾患です。

ブシャール結節に対しての一般的なテーピング療法は、テーピンクをグルグル巻いて、動きを制限する事により、痛まない様にすると思います。

当院では、スパイラル・テーピングのテーピング療法を使用しています。

スパイラル・テーピングの場合、動かしやすいのに、症状が軽減するのが特徴です。

ブシャール結節のテーピングは、へバーデン結節の貼り方と同じで、貼る場所だけ違います。

はい、これです

あれっ 有りませんね。(笑)

へバーデン結節のテーピング療法の記事をお読みの方には、バレバレですよね。

そうです、手の平側だけに貼ります。

側面は肌目の内側だけに貼ります。

 

外側に貼ると、動きにくくなりますので貼らないのがポイントです。

へバーデン結節と同じく、ブシャール結節の場合も、テーピング切れ目を入れた物を貼ります。

テーピングの切れ目は、指先側になるように貼って下さい。

効きが、いまいちの時は、同じものをもう一枚重ねて貼ると、効きやすくなります。

私の場合は、施術として関節のロック(引っ掛かり)を、ペキッと解除したり、関節の軸ずれを整えてから、このテーピングを貼付します。

すると、あらっ不思議と成ります。

ご予約・お問い合わせ