ご予約はこちら 
その他

便秘解消のテーピング法

女性に多い便秘症

東洋医学では、身体の状態を大きく2つに、振り分けて考えます。

水毒といって、体内の水の異状。

もう1つが、お血といって、体内の血の異状です。

便秘の場合は、血の異状である、お血の状態の時に起こります。

お血の状態では、下腹部の左側に緊張が起こり、探るとコリッとした硬さが有ります。

探るポイントは、おへその左側、指3本分外側の、指3本分下の部分になります。

そのコリッとした部分に、テーピングを貼付します。

今回は、スパイラル・テーピングの便秘に対する、基本的な貼り方をご紹介いたします。

①へそ中心より右3横指部を中心に腹直筋上に幅9mmのテープを4cm貼付する。

②へそ中心より左3横指部から下3横指部を中心に腹直筋上に、幅9mmのテープを4cm貼付する。

これが基本的な貼り方になりますが、②のポイントにエクセル・スパイラルテープのBタイプを一枚貼っただけでも、お通じが良くになりましたと言われる事が、よく有ります。

私のお腹にテープを貼って写真を撮ってみたのですが、胸毛がギャランドゥ過ぎる・・・写真を止めて、図にしました。(笑)

ご予約・お問い合わせ