ご予約はこちら 
手の痛み

ガングリオンって何で出来るの?

今回は、手首に出来ることが多い、こぶ状の腫瘍であるガングリオンについてです。

腫瘍と言っても、良性腫瘍ですので、痛く無ければ、そのまま放置していても問題は無いと思います。

でも、痛い場合は何とかしたいですよね。

仕組みとしては、こんな感じに、本来は関節の中に有ったはずのゼリー状の液体が、はみ出して膨らみます。

病院では、注射器で吸い出したり、手術で取り出したり、レーザーで萎ませたりと言った処置をする様です。

私達、柔道整復師は、注射器もメスも使えませんので、主に手技で柔らかくします。

柔らかくなって、潰せそうな時は、潰して小さくします。

私の場合は、柔らかくするのですが、ガングリオンそのものを揉むのではなく、関節ロック(引っ掛かり)を解除して、手を柔らかくします。

そもそも、ガングリオンが出来る原因って何でしょうか

はい、答えは

答えは

原因不明と、されています

へぇ~、そうなんだぁ~

何の解決にもなりませんよね。(笑)

原因不明とは、されていますが、私はこう考えています。

手首のガングリオンであれば、手首と手根骨に関節ロックが有ると、周りの筋肉は異常収縮・異常緊張を起こす為、関節に圧が掛かり、関節包内の液体が押し出せれているのではないかと考えています。

腰や首で起こる、椎間板ヘルニアの様なメカニズムです。

ガングリオンは、注射器で抜き取っても、手術で摘出しても再発しやすいそうです。

その原因は、関節包内の内圧が改善されていないから、ではないでしょうか。

手の関節を緩めて、筋肉の無駄な緊張を取ると関節包内の内圧が下がる為、再発しにくいのではないかと思います。

私の勝手な理論ですけど、結果が出ればOKですよね。

ご予約・お問い合わせ