ご予約はこちら 
膝の痛み

ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?

AS20161214002672_commL

ベーカー嚢腫(べーかーのうしゅ)とは、膝の裏側にポコッと膨らむ症状です。

大きさはゴルフボール半分くらい、大きい人でテニスボール半分くらいになります。

膝の裏側にある滑液包に炎症が起こり、関節液が貯まる事により、発症します。

imagessk4k_1

発症原因は不明のものと、変形性膝関節症や、関節リウマチなどで併発される場合が有ります。

50代の女性に多い事から、加齢が原因とも考えられています。

発症していても、痛くないケースも珍しくありません。

痛くは無いけど、違和感が有るとか、正座をする時に圧迫感が有り、邪魔だと感じます。

痛くない場合は、まだ良いのですが、膝が痛くて、更にベーカー嚢腫で、膝の裏側が腫れているという状態で、受診される方が多いです。

病院では、注射器で関節液を抜いたり、症状が重い場合は切除する事も有るそうです。

我々接骨院・整骨院の柔道整復師は、注射器も使えませんし、手術も出来ませんので、違った視点から施術を行います。

私の場合は、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどを考えて施術を組み立てます。

軽度のものは、簡単なテーピングだけで引いていく事も有りますし、施術を続けて膝の痛みが取れてから徐々に小さくなるケースも有ります。

施術の組み立てについては、近いうちに文章化してみたいと思います。

ご予約・お問い合わせ