ご予約はこちら 
膝の痛み

ベーカー嚢腫の施術で考える事、関節の内圧上昇

以前の記事、ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?で、こんな事を考えて施術を組み立てると書きました。

それは、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどです。

これは、ベーカー嚢腫に限らず、膝の障害に共通している問題点になります。

前々回は、関節の引っ掛かり、関節ロックについて。

前回は、関節の軸ずれについて、お話ししました。

今回は、関節の内圧上昇について考えてみましょう。

ベーカー嚢腫の図を見ると、関節に圧が掛かり押し出されている様に見えませんか

炎症を伴い余計に出ている様にも見えます。

膝の関節に対して、内圧を上げる原因として何が考えられるでしょうか

一つは重力でしょう、但しこれは、立位、つまり立っている時に限られます。

もう一つは、筋肉が縮むと関節に圧が掛かりますよね。

立っている時だけ、膝が痛み、ベーカー嚢腫が出っ張るという話は聞いた事が有りません。

体重が掛かり、炎症を起こした結果、ベーカー嚢腫が出来てしまったという考え方は出来ますが、それなら休んでいれば治るのか

なかなか、そうは行かないみたいです。

やはり、もう一つの原因である筋肉が縮んだ状態を何とかしないと、関節の内圧は下がらないのではないでしょうか

筋肉が縮んだ状態にも種類が有りますので、またの機会にご紹介いたします。

ご予約・お問い合わせ