ご予約はこちら 
膝の痛み

ベーカー嚢腫の施術で考える事、代謝の低下

以前の記事、ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?で、こんな事を考えて施術を組み立てると書きました。

それは、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどです。

これは、ベーカー嚢腫に限らず、膝の障害に共通している問題点になります。

今までに、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、まで説明しましたので、今回は、代謝の低下についてのお話しです。

代謝の低下とは、血液や体液の循環が上手くいっていない状態と私は考えております。

その中の一つは、水毒・お血という東洋医学的考え方です。

水毒で体内の水の異常、お血で体内の血液の異常が強くなると、身体に浮腫みが生じます。

筋肉も浮腫みますので、膝が腫れやすくなります。

同じ様にホルモンバランスが崩れた場合も、別のルートで身体に浮腫みを生じます。

seiri1

結果、同じ様に膝が腫れやすくなります。

もう一つ考えるべき事は、これまでの記事に出て来た、筋肉の過緊張でも膝は腫れます。

筋肉の細胞内の水は、常に出たり入ったりしているのですが、筋肉が過緊張を起こす事により、細胞の膜が閉じてしまい、上手く水が循環出来ず、溜まる為に腫れてしまうという事が起こります。

他にも冷えや、熱でも循環に異常を来す事が有ります。

ベーカー嚢腫だけでなく、膝の水腫の場合も、血液・体液の流れを阻害している原因は何かなと考えながら施術を行います。

それに当てはまる事を探し処置します。

ベーカー嚢腫についての記事は以上になります。

また何か思いついたら書き加えようと思います。

ご予約・お問い合わせ