ご予約はこちら 
腰痛

足と腰の相関関係

前回の記事では、手と首の相関関係をご紹介しました。

足と腰にも同じ様に相関関係が有ります。

足の場合、中足骨の付け根で判断します。

ツボで言うと、太衝(たいしょう)や臨泣(りんきゅう)が有る所ですが、手の時と同じく他の付け根も追加して4点から比較します。

例として、4点を強めに押して1趾と2趾の付け根が一番痛ければ、同側の腰椎5番と仙椎1番に問題が有りますので処置をします。

この手法は、腰が原因で脚に症状が出ている時などに役立ちます。

ご予約・お問い合わせ