ご予約はこちら 
アキレス腱炎

アキレス腱が痛い!アキレス腱炎?

アキレス腱の痛みについてのお話しです。

アキレス腱そのものに炎症を起こしているものを、アキレス腱炎と言います。

アキレス腱の周りの組織に炎症を起こしている場合は、アキレス腱周囲炎と言います。

アキレス腱を痛めて、なかなか良くならない方が、時々来院されます。

何年も前から痛いという方も居ます。

ちょっと前に来院された方は、10年以上前からアキレス腱が痛くて、それでもテニスが好きで、我慢しながらプレーしていたそうです。

触ると、飛び上がる様に痛がります。

リアクションの大きさに、こっちがビックリしました。(笑)

見た目も腫れて太くなっています。

 

アキレス腱炎は、スポーツのオーバーユースや、合わないハイヒールの使用が原因と言われています。

アキレス腱の使い過ぎが原因で炎症を起こしている状態になります。

中には先天的な骨の形で、発症する人も居るそうですが、私は、お目にかかった事が有りません。

治療法としては、安静、スポーツ後のアイシング、インソール、ストレッチなどが効果的とされています。

 

しかし、アキレス腱は『痛みはするけど炎症を起こす事は無い』という論も有ります。

腱膜と一緒に炎症と感じさせる疲労物質や老廃物、緊張成分になるカルシウムなどが溜まっているのではないかと、私は考えています。

手の指に起こる弾発指・ばね指と同じ様なメカニズムですね。

さて、その患者さんは、どうなったでしょうか

痛みが取れて無事に卒業されました。

10年以上痛かったアキレス腱炎に、どのような処置を行ったかと言うと、関節のロック(引っ掛かり)を解除するのは軽く検査手法として行い、決め手は、ふくらはぎなどにPNFストレッチ系の手法を掛けて、筋肉のキャパシティーを広げる事と、スパイラル・テーピングで保護している事を脳に伝える事です。

10回くらいの施術で腫れも痛みも無くなりました。

ご本人も、10年以上ですから、痛いのが当たり前になっていたのでしょう。

何で痛くないのか解らない と、不思議がられていました。(笑)

PNFストレッチ系の手技は、文章ではお伝え出来ませんが、テーピンクについては、どんなテープを貼ったのか、今度ご紹介いたします。

ご予約・お問い合わせ