ご予約はこちら 
足の痛み

アキレス腱が痛い!アキレス腱炎のテーピング療法

前回の記事、『アキレス腱が痛い!アキレス腱炎?』でお話ししたテーピンクをご紹介いたします。

この貼り方は、スパイラル・テーピングの手法です。

スパイラル・テーピングでは、アキレス腱に対しての貼り方が数種類あり、スパイラル・テーピングのOリングテストにより、どの貼り方が良いか選択します。

先日、痛みと腫れが消失して、ご卒業された患者さんの場合は、今回ご紹介する貼り方が適していました。

こんな貼り方です。

IMG_20170927_120719.jpg

この貼り方は、貼る順番が有りますので、順番通りに貼った方が効果的です。

本来はロールテープというスパイラル・テーピング専用の縦にも横にも裂けやすい物を使います。

本家のホームページから購入できます。←リンクを貼っておきます。

面倒ではありますが絆創膏を、ハサミなどで細長く切っても代用する事も出来ると思います。

貼る順番は、教科書通りに説明すると、

【テープ】幅4~5mm

【肢 位】軽度・中度・重度により肢位は異なるが基本は尖足位とする

❶踵骨底からアキレス腱後面部を通り腓腹筋中央部まで貼付する。

IMG_20170927_120312

❷踵骨底中央から内側を廻しアキレス腱上を斜めに通り腓腹筋外側まで貼付する。

IMG_20170927_120424

❸踵骨底中央から外側を廻しアキレス腱上を斜めに通り腓腹筋内側まで貼付する。

IMG_20170927_120525

❹踵骨底中央から内側を廻しアキレス腱内側を上行する。次に踵骨中央から外側を廻しアキレス腱外側を上行する。

IMG_20170927_120611

❺縦、斜めのテーピンクを一体化させる目的で横に数本テーピンクを行う。

IMG_20170927_120702

こんな細いテープですが、貼ってみると、足が軽い

自分の足に貼ってみて、改めてスパイラル・テーピングって面白いなぁ~と思いました。

ご予約・お問い合わせ