ご予約はこちら 
外反母趾

簡単な外反母趾のテーピング療法、スペシャルバージョン!!

前回の記事、世界一簡単な外反母趾のテーピング療法では、基本的な外反母趾のテーピング法をご紹介しました。

その貼り方で大抵の方は症状が軽減すると思うのですが、足の変形が強い方には、もう一枚テーピンクを足す方法が有ります。

それを今回は、ご紹介いたします。

前回のテーピンクはコレです。

img_20161220_155358

今回は、実際に外反母趾の患者さんの足を、お借りして説明したいと思います。

まずは、前回のテーピンク。

5センチ幅の伸縮性テープを15~20センチにカットします。

img_20161220_162815

母趾の出っ張りからスタートして、小趾の一つ手前の出っ張りまで、軽く引っ張りながら貼ります。IMG_20171006_115243

IMG_20171006_115348

足底から見ると、こうなります。

IMG_20171006_115355

ここまでが前回のテーピンクです。

そして今回は、もう一枚足して、矯正する力を強めます。

5センチ幅のテープを15センチくらいにカットします。

IMG_20171006_191540

そのテープを片側だけ、3センチほど切れ目を入れます。

切れ目を入れた側を母趾に、上下から巻きつけます。

軽く引っ張りながら、足の内側に貼り付けます。

IMG_20171006_115647

これで完成です。

IMG_20171006_115653

裏側は、こうなります。

IMG_20171006_115704

分かりますか

テーピンク処置前がコレで、

IMG_20171006_115243

テーピンク処置後は、こうなります

IMG_20171006_115647

片足たった2枚の伸縮性テープを貼っただけで、これ程の違いが出ます

外に向いていた母趾も、前を向き、立ってみると、しっかり支えられている感覚が得られると思います。

形だけでなく、歩く事も楽になります。

患者さんが次回来院された時

「この間テープを貼ってもらったら、いっぱい歩いたのに楽でした~~

なんて言われたりします。

この貼り方は、JRC関節可動回復矯正法の処置法です。

以上、簡単な外反母趾のテーピング療法、スペシャルバージョン!!でした。

ご予約・お問い合わせ