ご予約はこちら 
ばね指・弾発指

指が引っ掛かる!?ばね指、弾発指

朝起きて、あれっ!指が引っ掛かって伸びない

いつもの人は、当たり前になっているかも知れません。

初めての人は、焦りますよね。

ばね指とか、弾発指と言われる疾患で、腱鞘炎の一種です。

何故そんな事が起こるのでしょうか

原因は、手の使い過ぎや、ホルモンバランスの崩れと考えられています。

病院では、薬(消炎剤・鎮痛剤)や湿布、レーザーなどで痛みを和らげる処置が行われる様です。

酷い場合は手術を施されます。

一般的な接骨院・整骨院の場合は、電療、レーザー(スーパーライザー等)、超音波、湿布などを行われています。

では、ばね指・弾発指とは、どういう状態に成り、指が引っ掛かるのでしょうか

こんな仕組みです

指を曲げる筋肉の腱の部分にコブが出来ます。

コブが腱鞘に引っ掛かるので、バネのような動きになってしまいます。

コブが出来る原因としては、使い過ぎや、ホルモンバランスの崩れと考えられています。

私の考えとしては、何等かの圧迫により血液や体液の循環が悪くなり、老廃物やカルシウムが溜まった状態ではないかと思っています。

では、病院で手術する場合は、どんな事をするのか

これは単純に腱鞘をカットして、コブが引っ掛からない様にします。

痛みがあまりにも酷い場合は、それも選択肢の一つと思います。

でも、コレは対処療法に過ぎないと私は思う訳です。

先程お話しした通り、私としては手の循環障害と考えています。

その理由は、一人の患者さんが、指一本だけ、ばね指を発症しているとは限らないのです。

中指がばね指で、人差し指がへバーデン結節で、薬指がブシャール結節なんてケースも結構な頻度で拝見いたします。

という事は、発症している部分だけで解決するとは思えないのです。

原因は、発症している場所ではなく、もっと上の手根管であったり、腕の筋肉であったり、さらに上の胸の筋肉であったり、背中が原因で胸の筋肉を緊張させていたりと、様々な事が考えられるのです。

最終的に症状が出ているのは指ですが、何らかの原因で手が浮腫んだ状態からの発症と考えて、手法選択を行います。

原因になる部位、それぞれの考え方を次回から説明してみたいと思います。

ご予約・お問い合わせ