ご予約はこちら 
手の痛み

ばね指・弾発指の原因、ホルモンバランスの崩れ

ばね指・弾発指の原因として、これまでに『手根管症候群』『上肢の関節の軸ずれ』『胸郭出口症候群』などの説明をして来ました。

今回は、『ホルモンバランスの崩れ』についてお話ししようと思います。

ホルモンバランスの崩れと言うと、更年期障害を連想されるかも知れませんね。

更年期障害の症状が出ていて、ばね指・弾発指も発症している場合は、真っ先に原因として疑ってみると良いでしょう。

でも、それ以外の場合でも、冷えなどの原因で、ホルモンバランスが崩れる事が有ります。

これは簡単な検査が有りますので、一応調べてみるのも一つの手です。

やり方は、下腹部に手を当てて、ガーーーーーッと擦ってみます。

そして、その手を当てたまま、ばね指・弾発指を発症している手を、握ったり開いたりしてみます。グー・パーですね。

指の引っ掛かり方が軽くなったり、手自体がスッキリする場合は陽性です。

他にも原因が有るかも知れませんが、原因の一つはホルモンバランスの崩れで有ると考えるべきでしょう。

陽性で症状の軽減が有る場合は、どうしたら良いでしょうか

手を、ずーーーっと当てて置きますか

kafuku1

それはちょっと大変ですよね。(笑)

手の代わりにテーピンクを貼ります。

スパイラル・テーピングの場合は、こんな感じに大きなクロステープを下腹部にペタッと貼ります。

kafuku4

スパイラル・テーピングが無い場合の対処療法も有ります。

テーピングの代わりにティッシュペーパーやキッチンペーパーなどの紙を、皮膚に直接当てて置きます。

パンツのゴムで止まる形になります。

紙には保温作用が有りますので、手を当てて置く代わりになるのです。

なぜこんな事で変化が出るのでしょうか

これは、リンパ腺の連動の様です。

img_20170228_182647

ホルモンバランスの崩れは、生殖器系や、男性で有れば前立腺などの働きが低下すると緊張状態を起こし、リンパの流れにも異常を来す様です。

下腹部を温める事により、胸部や腋窩に有るリンパの緊張も取れて流れやすくなります。

結果、手に溜まっていた体液が体幹に戻り、症状の改善に繋がると思われます。

今度は、ばね指・弾発指の局所的なテーピングについてお話ししようと思います。

ご予約・お問い合わせ