ご予約はこちら 
坐骨神経痛

坐骨神経痛?足の痺れ

今回は、足の痺れについてのお話しです。

足の痺れでも、足先や足首から先に痺れに絞って考えてみましょう。

このタイプは、厳密には坐骨神経痛では無い事も有ります。

筋整復法の考え方としては、椎間板ヘルニアの場合には母趾に痺れが残りやすく、他の4趾に出ている場合は、足そのものに問題が有る事が多いと考えます。

実際にJRC関節可動回復矯正法で、足の細かい骨の動きを整えて行くと、徐々に足先の痺れは取れて行きます。

私の場合、ちょっとサービスで、ふくらはぎの筋肉のキャパシティーを広げて置きます。

筋膜リリース 膝痛

痺れというのは、直接神経がヘルニアや筋肉に圧迫された場合の他に、筋肉が硬くなっている事により、血液や体液が体幹に戻れず、足に溜まって、浮腫んだ状態になり間接的な圧迫を受けて発症する事が有るからです。

正座で足が痺れるのと同じ様な仕組みですね。

ご予約・お問い合わせ