ご予約はこちら 
坐骨神経痛

坐骨神経痛?梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、椎間板ヘルニアと並び、坐骨神経痛を起こす事の多い原因の一つです。

腰は痛くないけど、お尻から下が痛くなったり、痺れたりと言った症状が出ます。

椎間板ヘルニアと、梨状筋症候群の両方を発症している場合も有ります。

その名の通り、梨状筋が緊張して坐骨神経が圧迫される事により、下肢に痛みや痺れが出ます。

梨状筋症候群

何故、そこまで梨状筋が緊張して硬くなるのかについては、いくつかの説が有ります。

骨盤の仙腸関節がロック(引っ掛かる)する事により、二次的に異常収縮を起こすという説が有りますし、上半身が硬くなった場合、上半身で行うはずの捻転が出来ずに下半身を固めた様な状態で、身体ごと捻って使う為に筋肉が異常収縮を起こすという考え方も有ります。

どちらも一理あると思います。

ですから、骨盤の仙腸関節の動きと、背骨、肋骨の動きを整えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土台となる体幹を整えた上で、梨状筋のキャパシティーを広げてあげる事により、坐骨神経の圧迫は取れやすくなる訳です。

2a

体幹を整えないで、梨状筋だけ緩めた場合は、その場での改善は有っても、戻りやすいという事が起こります。

ご予約・お問い合わせ