ご予約はこちら 
施術全般

しゃっくりを止めるポイント

しゃっくりを止めるポイントについてのお話しです。

これは、スパイラル・テーピングの処置法になります。

腸骨筋と背中のポイントを使います。

腸骨筋という筋肉は、東洋医学の寒・熱に使用するポイントです。

寒の状態で冷えている時は左側、熱の状態で冷えていないか、熱を持っている時は右側を使います。

背中は、胸椎の背骨と背骨の隙間を爪で押して、痛みが強い所を使います。

胸椎の9・10間に有る、筋縮(きんしゅく)というツボが特に効くと思います。

ある大学病院で処置をしても、しゃっくりが止まらず、このままでは死んでしまうからと、スパイラル・テーピング考案者で有る、田中信孝先生に依頼が有り、この処置法で止めたそうです。

ご予約・お問い合わせ