ご予約はこちら 
手の痛み

へバーデン結節・ブシャール結節・母指CM関節症の筋・筋膜リリース

へバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症って、なかなか改善しないと思っていませんか

それは、指だけ見ていると、なかなか改善しません。

もちろん、指の関節・手の平の関節の動きを整える事で改善していく事も有ります。

指のテーピングだけで改善していく事も有ります。

それらの処置を行っても良くならない、又は、その場は良くても戻ってしまう。

そんな場合は、筋・筋膜の萎縮や捻じれ、癒着などを考えます。

この場合は、アナトミー・トレイン理論のスーパーフィシャル・フロント・アームラインという浅層の腕の筋膜の繋がりを考えます。

00241a7627d8dd1f1a3b543482b1e107

指を曲げる筋肉、更には筋膜で繋がっている筋肉をライン状に捉えて考える訳です。

実際に痛いのは指ですが、もっと上の部分で指を動かしています。

その部分の筋肉が、捻じれていたり、萎縮して硬くなっていたら、どうなるでしょうか

指の部分は、引っ張られますから、ずっと曲げっぱなしで伸ばせなくなります。

関節にも、ずっと圧が掛かりますので、変形もするでしょう。

つまり、指だけで改善しない場合は、手よりも上の筋肉や筋膜を整えないと、なかなか改善しない訳です。

施術では、前腕の筋肉・筋膜の硬い所を探して、捻じれを取ったり、萎縮を緩めたり、癒着を剝がすと言った事を行い、筋・筋膜をユルユルの状態にして行きます。

すると、引っ張られっぱなしで、力が入りっぱなしの指が解放されて、痛みが取れて行くのです。

ご予約・お問い合わせ