ご予約はこちら 
坐骨神経痛

椎間板ヘルニアの治療ポイント

椎間板ヘルニアの治療ポイントと、何故その治療ポイントで改善するのかのメカニズムを、私なりに説明してみたいと思います。

もし、あなたが腰が痛かったり、足が痺れて、整形外科を受診したところ、椎間板ヘルニアと診断されました。

ショックですよね、さて、どうしましょうか

 

ヘルニアのメカニズムは、知っている人も多いかと思います。

こんな風に、椎間板の髄核がスポイトをギュッ と押した様な形で飛び出した状態がヘルニアです。

img_herunia02

その、飛び出した椎間板の髄核に神経が圧迫されて、痛みや痺れが出ます。

では何故、この図を見ても解る様に、腰椎がそんなに反り過ぎてしまうのでしょうか

そこに秘密が有ります。

 

腰椎の前方には、腸腰筋の大腰筋という筋肉が有り、腰の骨を前方から支えています。

img_0_m_LI (3)

その大腰筋が捻じれたり、萎縮したりして、硬く縮んでしまったらどうなると思いますか

腰椎が前に引っ張られてしまいます。

前に引っ張られるという事は、最初の図の右側のような状態になりますよね。

img_herunia02

色々な治療法を勉強していると、この大腰筋を、ヘルニアの治療点としている先生方が結構いらっしゃいます。

なぜ大腰筋なんだろう と、私自身も昔は理解できませんでした。

でも、大腰筋が緩む事で、症状が軽減して行くのですから、この筋肉が緩む事により、腰椎が前方に引っ張られなくなり、図の左側の様に正常な状態に戻るから、飛び出していた椎間板も、元の位置に戻り、神経の圧迫が無くなり、症状が改善しているのだろうと解釈できます。

ご予約・お問い合わせ