ご予約はこちら 
足の痛み

足底筋膜炎の筋膜リリース

足底筋膜炎の筋膜リリースについてのお話しです。
足底筋膜炎を筋膜の繋がりから考えてみましょう。
単純に足底筋膜炎を考えると、足底腱膜が緊張して炎症を起こしている、という事になります。

plantar-fasciitis-img-01

そう考えると、足の裏だけ何とかすれば良くなるだろうと思えるのですが、それでは改善しないケースが多々有ります。
筋肉一つ一つで見ると、繋がっていないのですが、筋膜で繋がっている筋肉も痛みの原因になったりします。
足底腱膜という足の裏の筋肉は、直接繋がっていない下腿三頭筋、ふくらはぎの筋肉と筋膜で繋がっています。

30da6392144983150951a5e58a601101 (2)

足底腱膜だけが緊張して炎症を起こすと考えられていますが、筋膜の繋がりを含めて考えると、ふくらはぎの筋肉が捻じれたり、縮んだりして硬くなると、連動して足底腱膜も引っ張られるので、緊張した様な形になるとも考える事が出来ます。
つまり、足底腱膜を直接緩めるだけでなく、ふくらはぎの筋肉の方も緩めると、筋膜で繋がっている足底腱膜が引っ張られなくなり、解放されるので、足底筋膜炎の痛みも軽減しやすくなります。
足底腱膜よりも、ふくらはぎの筋肉の方が明らかに大きいので、影響力が大きいと考えられます。

ご予約・お問い合わせ