ご予約はこちら 
手のしびれ

手の痺れの筋膜リリース

手の痺れについて、筋膜リリースを使った施術で考えてみましょう。
手の痺れは、今までの記事でも、色々な原因についてお話しして来ました。
明らかに首の関節が原因のケースで有れば、首を整える事で取れて行くと思います。
首を整えているのに取れない痺れの場合は、腕全体の筋肉を疑ってみるべきでしょう。
筋膜リリースの場合は、筋肉と筋膜の繋がりで考えますので、ラインとして捉えます。
腕の筋肉は、アナトミー・トレイン理論によると、4つのラインで構成されています。

それらのラインに硬くなっている所が無いか、探ってみます。
硬い所、動きにくい所を見つけて動かして行きます。
あくまでも揉むのではなく、動かします。
方法としては、直接その筋肉を動かすか、硬い所を軽く触れて、腕を動かしてあげます。
ちょっとしたコツが有りますが、ある程度動かしてあげると、硬さが取れて、フワッとした感触になります。
その状態になると、神経や血管の圧迫が緩みますので、痺れの原因が取り除かれます。
原因が取り除かれたら、痺れは取れますよね。

ご予約・お問い合わせ