ご予約はこちら 
四十肩・五十肩

四十肩・五十肩と親指の関係

前回の記事では、私の体験談のお話しでした。
今回は、実際の施術でよく行う事についてです。
腕を挙げると痛いです。
腕が上がりません。
と来院された患者さんに、真っ先に試すのが親指の付け根です。
image043_LI
親指付け根を押さえます。
押さえたまま、腕を上げてみて貰います。
それで上がれば、または上げやすくなれば、手の使い過ぎで、四十肩・五十肩になっているタイプです。
肩その物は、それほど悪くないのに、手の部分で筋肉や筋膜に癒着が起こり、手に引っ張られて、腕が上がらないタイプなので、手の癒着を剝がす必要が有ります。
00241a7627d8dd1f1a3b543482b1e107
剝がすとその場で、結構上がる様になります。
と言っても、手だけが使い過ぎという訳には行かないので、全身を整えた上で、手の調整をすると良いです。
私の経験上、母指球の硬くなっている所を押さえた状態で手根骨の関節ロックを解除すると、筋肉の硬さが取れてくれるので、手が上げやすくなります。
hand

ご予約・お問い合わせ