ご予約はこちら 
腰痛

腰椎すべり症の正体、姿勢編

今回は、腰椎すべり症の原因として、姿勢という面から考えてみましょう。
腰痛の中でも、症状が下肢に出たりしますので、発症すると辛い疾患の一つです。
何故、発症するのか
実は簡単な原因で発症します。

それは、身体を滑らせて使っているから起こります。
身体を滑らせて使っているとは、どんな姿勢でしょうか

こんな感じです。
L_LI
猫背になって、腰は前に滑らせた形です。
この様な姿勢では、身体を上手く支える事ができません。

では、具体的にどうすれば良いのか

横隔膜を上げて、身体を持ち上げてあげる事が重要です。
L_LI (2)
重要なポイントは、背筋を伸ばすのではなく、横隔膜を上げてあげるという事です。
背筋を伸ばすのでは、誰だって疲れてしまいます。
横隔膜を上げると、無理なく身体が持ち上がり、背筋が伸びます。
身体を持ち上げていると、筋肉がキチンと戻りますので、支えられる様になります。
胸が上がり筋肉の支えがしっかりすると、すでに腰椎すべり症になる姿勢では無くなっています。
その結果、改善できる状態になる訳です。
欲を言えば腰回りの筋肉を緩めてあげると、更に良いと思います。
やはり、姿勢は重要ですね。

ご予約・お問い合わせ