ご予約はこちら 
JRC関節可動回復矯正法

JRC療法

JRC

当院の骨盤矯正は主にJRC関節可動回復矯正法を使用しています。


JRCの適応症

・単純性関節可動制限

単純な機能的関節可動障害(必ずしも受傷間もないものとは限らずケースによっては何年も疼痛が続いていたものの中にも存在する)1~3回の矯正で約3週間で治癒する。炎症に至らないうちに来院したものまたは炎症が消失した後に来院したものは、特に著効を示し1回のJRCで治癒するケースもよくある。他の関節に可動制限が合併している場合も容易に治癒する。即効性も高い。しかし1ヵ月以内に理由なく再発する場合は、長期型関節炎を疑う。

・単純性関節炎

長期間(3ヶ月以上)に亘り疼痛と可動制限が残存、または疼痛の憎悪を繰り返すもの、または仙腸関節炎を伴うもの。月2~4回のJRCで1~2カ月で反応が良好となり2~3ヶ月で治癒する。治療せず放置した場合、3日間程度強疼痛が続いた後、急激に痛みが減少し2~3ヶ月で自然治癒するものもあるが、矯正なしでは治癒しないものも多い。強い痛みが1週間以上持続するものや慢性の疼痛を訴えるタイプは長期型関節炎と判断する。

・長期型関節炎

自律神経系の症状を併発し初期の矯正では自覚的な改善がはっきりとは見られない仙腸関節の可動制限の著しいもの、または骨変性を伴い関節の可動が著しく制限されているもの。このタイプの場合、初期の矯正はできる限り微弱な動きに止める。仙腸関節を中心に発生するが、肋椎関節、胸肋関節、椎間関節などの可動制限や関節炎を多発し1~2カ月はJRCでの変化は非常に少ないが、約2カ月で良好な反応が現れ3ヶ月で著しく改善する。3ヶ月~6ヶ月以上の治療が必要となる。自律神経系の症状(多汗、冷感、浮腫、筋萎縮、かすみ目、骨萎縮、耳鳴り、嘔気、爪・皮膚の変化)を伴うものも多い。可動制限も大きく再発も多い。

ご予約・お問い合わせ