ご予約はこちら 
交通事故治療

交通事故による、むち打ち症のテーピング療法

これは、当院で使用している、スパイラルテーピングの、むち打ち症に対する代表的な貼り方です。

詳しい説明は、本家のホームページに紹介されています。 スパイラルの田中(むち打ち症)

検査法は、第5頸椎の左後ろと、第4頸椎の右前に指を当てます。

そのままの状態で、動かしてみます。

痛みが軽減していれば有効ですので、そこにスパイラルテーピングのクロステープを貼ります。

指を当てている状態で楽な訳ですから、テーピングを貼れば楽な状態をキープ出来るのは、容易に想像できますよね。

全く変化が無い場合は、むち打ち症であっても、別の貼り方になります。

そこは難しいので、任せて下さいね。

ご予約・お問い合わせ