ご予約はこちら 
交通事故治療

骨・関節から考える交通事故治療、むち打ち症治療

交通事故による、むち打ち症を骨・関節から考えてみましょう。

車に追突された場合、通常の生活では有り得ない外力が加わります。

骨・関節は、歪みます。

ひどい場合は、骨折してしまいます。

骨折していれば、レントゲン検査でも分かりますので、骨折の診断が出ます。

ところが歪みの場合、レントゲン検査では、よく分かりません。

というのも、海外の骨のお医者さんは、ミリ単位でレントゲン写真に線を引いて歪みを調べるそうです。

日本のお医者さんは、忙しいので、そこまでやっている暇が有りません。

よほどハッキリと歪んでいなければ、骨には異常が有りません、捻挫でしょう。痛み止めの薬とシップを出しておきます。という事になります。

私の場合は、接骨院ですので、レントゲン撮影は出来ません。

視診と触診で判断します。

でも、レントゲン写真よりも、触って診た方が明らかに、ポコッと出ていますので、分かり易いと思っています。

施術としては、触ってみてポコッと出ている所を、戻して平らにして行きます。

むち打ち症になって何年も痛い人の場合、出ている首の骨が固まっていますので、それを解除するのは、とょっとしたテクニックが必要になります。

そこは、一般の方では難しいと思いますので、プロに任せて下さい。

JRC2 JRC3
ご予約・お問い合わせ