ご予約はこちら 
肩こりの整体

肩こりは、日本にしか無い?

日本では、お馴染みの肩こりについて考えてみましょう。

基本的に海外には、肩こりという言葉がありません。

言葉が無いから、日本ほど気にしていないのかも知れませんね。

しかし、アメリカでは、似たような表現として「タイト・ショルダー」とか言われるそうですが、疾患という程の意味合いではなさそうです。

具体的に「首が痛い」とか「肩や背中が痺れる」と言った表現をする様です。

ドイツでは、首の疾患として扱われているそうです。

外国人に肩こりが無い訳では無いけど、日本人ほど気にしていないと言った感じところでしょう。

日本の場合、夏目漱石の「門」という作品に「頸と肩の継目の少し背中へ寄った局部が石のように凝っていた。」という表現が有り、肩こりという言葉の発症とも言われています。

ご予約・お問い合わせ